ブログパーツ

2007年10月27日

花田美恵子さんの不倫相手が芸能活動自粛、所属グループは解散

aoikikenji.jpg

元横綱若乃花で実業家、花田勝氏(36)と離婚した美恵子さん(38)との不倫関係が報じられた俳優、青木堅治さん(27)が芸能活動を自粛、メンバーの4人組グループ「JACK JACK」は解散することが26日、分かった。
 グループの公式サイトで発表したもので、サイトでは「メンバーと協議の結果、今回の状況下のもとでは活動が出来ない状況になり、10月末日付けで解散することとなりました」「この騒動の責任をもって事務所運営及び青木堅治芸能活動はしばらく自粛致します」とし、ほかのメンバー3人は事務所を退社するとしている。
 青木さんは22日発売の「週刊現代」で美恵子さんとの不倫関係を激白。その後、報道陣の取材に「(不倫は)事実です。お騒がせしてすいませんでした」と事実を認め、記者の質問にも「(美恵子さんは)優しくていい人でした」「ファンの皆さんにはブログで報告します」などと話していた。
 サイトは、所属事務所の社長名で書かれ、取材の経緯も報告。「週刊誌の方からご連絡を頂き、まずそこで始めて青木の件が耳に入り、本人に事実確認をしたところ過去にそのような事実がありましたと報告を受けました。雑誌社との話し合いの中で、青木堅治には事実を全部話さなければならないという状況下においこんでしまいました」としている。
 また、週刊誌の報道およびその後の取材対応は「青木さんの売名行為」との一部批判に、「青木の名誉の為に一言だけ言わせて頂きますが、青木自身は世間で言われる売名行為をするつもりは全くございませんでした。もちろん金銭授与もございません」と釈明。「全ては経験不足の私の不徳の致すものでした。その旨だけはご理解していただきたいと切にお願い申し上げます」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000923-san-ent
posted by げいのうたろう at 17:42| Comment(0) | TrackBack(2) | 交際・破局・結婚・出産・離婚etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【175R SHOGO】今井絵理子と別居→小阪由佳と即熱愛

kosakayuka.jpg

元SPEEDの今井絵理子(24)と先月離婚したロックバンド「175R」のSHOGO(27)がグラビアアイドルの小阪由佳(22)とデートする模様を、25日発売の女性セブンが報じている。今月中旬、SHOGOが小阪の都内の自宅マンションを訪れ一夜を過ごしたと指摘。SHOGOが今井と別居を始めたばかりの春ごろから交際し、それぞれが自宅の合いカギを持つ仲としている。

 SHOGOの所属事務所は24日、「仲のいい友だちと聞いている」と説明。小阪の事務所は「担当者が不在のため分かりません」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000047-spn-ent

posted by げいのうたろう at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 交際・破局・結婚・出産・離婚etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンナが長井秀和との不倫認めた

nagai-hidekazu.jpg

米国に語学留学中のタレント長井秀和(37)と撮った「不倫キスプリクラ」が12日発売の写真誌「フライデー」に掲載されたカナダ出身タレントのアンナ(34)が23日、千葉県内で日刊スポーツの取材に応じ、一連の不倫騒動を謝罪した。長井とは約5年前の番組共演で知り合い、昨年10月ごろから月1回程度、自宅などで会っていたことを認めた。その上で「長井の奥さんと子供に対して謝りたいし、お騒がせしたことを世間に対しておわびしたい」と話した。
 報道後、約1年前から務めるアルバイト先の精肉店で「『酔えばキスできるのか』と責められて解雇の危機にある。胃かいようも再発しそう」というアンナは「(不倫が)悪いとは分かってる」とした上で「酔ってキスしたわけじゃなく、愛情ある関係だったことを世間に伝えたい。彼と一緒に謝りたい」と、長井にも世間への謝罪を求めた。
 アンナは日本で高校生の時からモデルとして活動。最近では関西のバラエティー番組でレギュラーコーナーを持っていた。私生活では3度の離婚歴があり、15、11、10歳の娘と4人暮らし。現在は26歳の日本人男性と交際しているという。長井の所属事務所は「ご迷惑を掛け、申し訳ありません」と謝罪を繰り返した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000006-nks-ent
posted by げいのうたろう at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑いタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤真彦 14年目でついにパパ…敦子夫人今月8日に男児出産

macchi.jpg

マッチこと歌手の近藤真彦(43)に待望の第1子となる男児が誕生したことが26日、分かった。敦子夫人(41)が、8日午後4時半ごろに都内の病院で出産。予定日より約2か月早かったが、母子ともに健康。「轟丞(ごうすけ)」と命名した。結婚14年目で、これまで流産も経験。不妊治療など敦子さんと二人三脚の努力で、人生最高の至福を迎えたマッチは「元気に生まれてくれて、ホッとした。早くこの腕で抱っこしてあげたい」と喜びをかみしめた。

 「アイドルの宝庫」ジャニーズ事務所のリーダーとしてトップを走り続ける男が、最高のチェッカーフラッグを受けた。

 8日に都内で交通安全イベントに参加していたマッチ。仕事を終え病院に駆け込むと、同事務所・藤島メリー副社長の「グッド」のサインが目に飛び込んできた。予定日は12月だったため「最高のクリスマスプレゼントになると喜んでたけど。腰が抜ける思いで、とにかくホッとした」。“瞬間”には5分間に合わなかったが、待望のジュニアと対面し、マッチは安堵(あんど)感に浸った。

 5年越しの交際を実らせ、OLだった敦子さんと結婚したのが、1994年6月11日。犬を飼い、夫婦水入らずを楽しみつつ、互いに30歳を超えて子供を意識し始めた。だが、気まぐれなコウノトリはなかなか2人の方を向いてくれず。

 「(結婚して)14年ですから、今回(の妊娠)が初めてじゃなく、過去にはつらい思いも経験しました」とマッチ。関係者によると、昨年も流産で涙をのんでいたという。

 「いろいろ勉強したし、できる限りのことをやった」不妊治療など最善を尽くし再び、愛の結晶を授かった。「今回なければ、生涯ないなと覚悟してた」。歌手に俳優活動、監督兼オーナーを務めるレーシングチームの転戦で自宅を空ける日々。「大丈夫か?」「心配しないで」遠征先の受話器から敦子さんの声を聞くたび、安心と一抹の不安を募らせていった。

 86年、早くに母・美恵子さんを亡くしているだけに、家族に対する思いは強い。8月下旬に敦子さんが入院する前には、2人で墓前に手を合わせ、その後も毎日、母の位牌(いはい)に祈った。

 たくさんの愛に包まれ生まれた息子は、マッチ自らが「轟丞(ごうすけ)」と名付けた。字画にこだわり「車は二の次で、健康で大きく育ち、立派な男になってほしい」と思いを込めた。敦子さんとは「『轟』の上の『車』が轟丞で、下の2つの『車』が私たち。2人で支えていくんだよ」と誓い合ったという。

 敦子さんはすぐに退院したが、愛息はまだ保育器の中にいる。自宅に迎えるのは1か月ほど先になるが、日に日にミルクの量も増え、元気に泣いている。「僕が行くといつも寝てるんだけど(笑い)、手を入れると指を握りしめてくれるんだよね。目元が僕に似てるかな」。パパになった実感が「まだ全然、わかない」というのは、マッチの正直な気持ちだ。「彼女(敦子さん)は抱っこしたけど、僕はまだなんだよ。早くこの腕で抱っこしてあげたいね」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000050-sph-ent

posted by げいのうたろう at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【亀田興毅が丸刈り謝罪会見、反則指示認める】父・亀田史郎は辞任 

kamedakouki.jpg

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅(18)=協栄=らがライセンス停止処分を受けた問題で、兄の興毅選手(20)が26日、東京・協栄ジムで謝罪会見を開いた。
 会見予定の午前9時より10分遅れで登場した興毅選手は反省の意を表したのか、丸坊主。興毅選手は「ご迷惑をおかけして申し訳ない。まずは(対戦相手の)内藤大助選手に謝りたい。亀田家代表としてボクシング関係者、ボクシングファンにお詫び申し上げたい」と話した。
 また興毅選手はセコンドについた世界戦で大毅選手に反則を指示したとされる疑惑についての質問に、「正直覚えていないが、映像も残っている。反省しています」とし、「結局、認めるということか」と改めて問われると、「はい」と答えた。
 協栄ジムの金平桂一郎会長(41)はジムとしての処分を発表。父・史郎氏の辞任を認め、興毅選手は3カ月間の出場試合の自粛、大毅選手は練習再開の際に改めて謝罪会見を開くなどの条件付で厳重注意処分となった。
 史郎氏の辞任について「解雇を考えていたが、昨日夜、『職を辞したい』との連絡があった」と語った。 また、金平会長は25日に予定していた興毅選手のノンタイトル戦(パシフィコ横浜)が中止となった問題について、亀田側が「対戦相手が決まらなかった」としていた理由を否定。対戦相手は決まっており、処分を待っていた12日の時点でリングに上がれないと亀田側が一方的に判断していたことが理由だったと説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000903-san-spo

posted by げいのうたろう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田三兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  [PR]  JR・京成・東武線 船橋駅周辺の求人情報を探すなら「MYWORK 首都圏版」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。